那覇看護専門学校を知る
About us

夢の扉を開く3つの「C」

久志篤子学校長

那覇看護専門学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は、昭和47年(1972年)に那覇市東町に設立され、平成5年(1993年)に豊見城市に新築移転し、現在までに6182名の卒業生を送り出しています。 本校出身の看護職は県内外の医療、保健、介護、教育など広範な分野で活躍しています。

本校は、沖縄県の空の玄関、那覇空港近くに位置します。一帯は、市の庁舎もあり、落ち着いた地域で、少し足をのばすと沖縄アウトレットモールあしびなーやTOMITONなどショッピングモールがあります。車で約5分以内の距離で、本や生活に必要なものは手に入ります。

学校の玄関ロビーでは「和顔愛語」の文字が皆様を出迎えてくれます。「和顔愛語」とは、訪れる者を寛容な心と慈悲の愛にあふれた暖かいことば(心)で迎えることを意味します。この意思は、教育理念に掲げた「学習者と教師が共に学問を追及する」の 中に込められています。 教育課程は、看護に必要な科目はもちろんのこと、ヒューマンケアのできる自立した看護職者としての能力を培い自分を大切にし、自分自身を癒す方法を身につける科目や感性を育む芸術鑑賞を取り入れています。また、技術教育は、シミュレーション教育を中心とした体験型学習を重視しています。さらに、実習施設の教育担当者に学内実習へ参加して頂き、臨床現場に近い実践的な教育を行っています。

看護職はいわゆる専門職として、社会的貢献度を高く評価される職業であり、仕事の喜びや達成感を強く感じられる職業です。本校の卒業生は、看護師として働く外に、保健師、助産師、認定看護師、看護管理者、救急救命士あるいは看護教員として、広い分野で活躍しています。 私たち人間は、体験から物事への関心をひろげ、そこから得た新たな知識を自分の中に取り込みながら学び成長してゆく「知の探険家」です。みなさんの意志ある学びを支援する学校がここにあります。『志を持つ人。今は自信がなくても、思い切って チャレンジしたい人。3年後には、看護を職業に選んだ者として、自信を持って社会へ出ていくあなたがそこにいます。』

あなたも看護職を目指して、頑張ってみませんか!

思いやりの心と勉学の意欲を持った皆さんの入学を期待しています。

那覇看護専門学校 学校長 久志篤子

教育理念

教育理念

本校は、看護職に必要な人間への深い関心を示す豊かな感性と幅広い教養を育て、 人々の健康生活を支援し、社会に貢献できる看護実践者を育成する。

その教育は、学習者の主体性を大切に学習者と教師が共に学問を探究し築かれる。

教育目的・目標

教育目的

本校は、 看護実践者として人間力、判断力、実践力を身につけ、地域医療に貢献できる人材を育成する。

  1. 人間の生命を尊び、一人ひとりの権利を守る倫理的行動がとれる。
  2. 他者との関係を築くことができる。
  3. 看護者に必要な知識・技術・態度を身につけることができる。
  4. 自律心・探究心を持ち、創造性を発揮できる。
  5. 地域社会に関心を持ち、保健・医療・福祉を考えることができる。
  6. 看護学を学び、自分の健康生活と人生の充実を考えることができる。

教育目標

  1. 人間の生命と権利を尊重する倫理観を身に付け、人間性豊かな支援のできる能力を培う。
  2. 看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された生活者として理解する能力を培う。
  3. 人々の多様な価値観を認め、共感的に理解することを基礎に他者との関係を結び発展させることのできるコミュニケーション能力を培う。
  4. 人間の健康を環境及び心身の相互作用の観点から理解し、様々な環境で生活する看護の対象の健康課題を明らかにするための基礎的能力を培う。
  5. 看護学の知識・技術・態度を活用し、あらゆる発達段階・健康段階の対象及び特殊な環境下における看護の対象に対して科学的根拠に基づいて看護実践できる基礎的能力を培う。
  6. チーム医療・看護チームの組織構造、看護管理について理解を深め、チームの一員として判断ができ、責任ある行動のとれる基礎的能力を培う。
  7. 保健医療福祉制度と他職種の役割を理解し、協働するとともに、人々が社会資源を活用できるよう調整するための基礎的能力を培う。
  8. 国内外の動向に関心を持ち、社会の変化に即応した看護の役割を認識できる基礎的能力を培う。
  9. 看護者としての責任と義務を担い、職業倫理に基づいた行動決定ができる基礎的能力を培う。
  10. 看護専門職者として、自律・探究・創造する能力を育み、将来にわたり、自己の成長と人生の充実を考えることのできる能力を培う。

概要

沿革

  • 昭和47年3月23日

    指令厚第85号により保健婦助産婦看護婦法にもとづく、准看護婦養成所として指定をうける。

  • 昭和47年4月8日

    開校並びに昭和47年度入学式 准看護学科(100名)第1期

  • 昭和48年1月29日

    沖縄県指令総第342号にもとづき、私立学校法にもとづく各種学校の認可をうける。

  • 昭和53年4月1日

    沖縄県指令総第474号にもとづき、学校教育法にもとづく那覇高等看護専修学校として設置認可をうける。

  • 平成4年12月15日

    看護学科を保健婦助産婦看護婦法第21条第2号の規定による看護婦養成所として厚生大臣により指定を受ける。(看護師2年課程 設置認可承認)

  • 平成5年3月8日

    那覇市医師会那覇看護専門学校に校名変更の届出を沖縄県知事に提出する。

  • 平成5年4月10日

    那覇市東町より現在地(豊見城)へ移転

  • 平成5年4月15日

    平成5年度入学式 看護師2年課程(50名)第1期・准看護師課程第22期

  • 平成20年12月25日

    看護師3年課程 設置認可承認

  • 平成21年4月9日

    平成21年度入学式 看護師3年課程(80名)第1期・ 准看護師課程:第38期入学式

  • 平成23年3月18日

    看護師2年課程閉課式 看護師2年課程(1~16期)卒業生総数830名

  • 平成25年12月25日

    看護師3年課程入所定員120名の承認を受ける

  • 平成26年3月20日

    准看護師課程閉課式 准看護師課程(1~41期)卒業生総数5,043名

  • 平成30年3月20日

    放送大学との連携締結

課程・修業年限

看護学科:看護師3年課程、修業年限3年

卒業時の取得資格

看護師国家試験受験資格
保健師、助産師養成所の受験資格
専門士(医療専門課程)称号

卒業時の取得資格

学年は4月1日に始まり、翌年3月31日に終了
前期 4月1日から9月30日まで。
後期 10月1日から3月31日まで。

情報公開

設備・施設

看護職に必要な設備を整え、実践力を身につけていきます

アクセスマップ

年間スケジュール

4月

入学式

  • 入学式
  • 新入生歓迎スポーツ大会
  • 里帰りトレーニング
5月

宣誓式

  • 宣誓式
6月
7月

オープンキャンパス

  • オープンキャンパス
8月
  • 夏休み
  • 里帰りトレーニング
9月
10月

学園祭

  • 学園祭
  • 卒業論文発表
11月
  • 防災訓練
12月
  • 冬休み
1月
  • 芸術鑑賞
2月
  • 国家試験
3月

卒業式

  • 学生交流会
  • 卒業式
  • 春休み

資料請求

資料請求フォーム

資料請求フォームは、プライバシー保護のためにSSL暗号化を行っていますので、ご安心ください。 ただし、一部のホームページ表示のブラウザからは、エラーによって表示できない事があります。 SSLが使用できないブラウザをご利用の場合は、「E-mailでのお問い合わせ」でお申し込みください。
必須お問い合わせ内容
必須お名前
必須年齢
必須メールアドレス
必須性別
必須職業
必須住所

※ハイフンなしの半角数字のみでご入力下さい。
必須電話番号

(必須)は必須項目です。※お問い合わせフォームの必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。



お問い合わせ

ご質問、お問い合わせがあればお気軽にお問い合わせください。
また、必要に応じて、下記情報もご入力お願いいたします。
氏名、住所、電話番号

TEL
098-850-8050
FAX
098-850-6073
E-MAIL
nahakango@nma-nahakango.ac.jp
お問い合わせ