トップページ当校の概要看護学科のご案内准看護学科の概要お問合せ

那覇看護専門学校:ニュース&トピックス

トップページに戻る
バックナンバートップに戻る

平成21年度入学式

看護学校担当理事 山城 千秋
副学校長 垣花 美智江

 春の風が心地良い4月9日(木)本校体育館において、平成21年度の入学式が行われました。本年度の入学生は、新設された看護師三年課程(第一看護学科)1期生84人、准看護学科第38期生84人で、開式と同時に学校長より入学の認定を受けました。入学生を代表して、准看護学科の長崎あずささんが「学校の規則を守り、学業に専念します」と誓約書を朗唱しました。

 学校長は、看護師三年課程(第一看護学科)1期生の入学を歓迎するとともに両学科の学生が挫折することなく、学び切る様激励しました。そして、看護の勉強だけでなく、コミュニケーションの力、自分の健康を守ること、本をよく読み趣味を持つことを諭していました。

また、来賓として、沖縄県福祉保健部医務課長の新垣盛勝様、沖縄県医師会長宮城信雄様、沖縄県看護協会長の大嶺千枝子様、    

豊見城市長金城豊明様のご名代で副市長が式に参列され、それぞれより心温まるご祝辞を頂きました。その後、180人の在校生を代表して、准看護学科2年生の大城知佐子さんが新入生へ歓迎の言葉を贈りました。

 祝辞や歓迎の言葉に応え、入学生代表の看護師三年課程(第一看護学科)栄野比裕加さんは「看護師三年課程の1期生として、いろいろなことに関心を持ち、学ぶ為の第一歩を踏み出すことができました。私たち
新入生の多くが看護師をめざすきっかけとして、身近な人の病気や死を通して、この仕事の重要さを肌で感じた体験からだと思います。私もその一人で、特別な思いがあります。その気持ちを忘れずに勉強して行きます。」と決意を述べていました。

 式には両学科の実習施設から20人、他の看護師養成校より1人、一般の参加者93人にご参列していただきました。また、沖縄県医師協同組合と新垣病院からは盛り花が届き、祝電も14通届きました。
式の様子は、NHK沖縄の18時と21時のニュースで紹介されました。

  今年度は、入学式終了後に学校説明会を行いました。殆どの保護者が残ってくださり、学校の規則やカリキュラムについての説明を聞いて下さいました。保護者からは「保健師・助産師資格取得の課程を設置する予定について」「アルバイトについて」「学納金について」の質問があり、保護者の熱心さが伝わる説明会になりました。



TOP
那覇市医師会 那覇看護専門学校
〒901-0222 沖縄県豊見城市渡橋名289番地23
代表(事務局) TEL:098-850-8050
看護学科 TEL:098-850-6769
准看護学科 TEL:098-850-6458