受験生の皆様へ
Examinees

先輩たちからのメッセージ

学生と教員の仲がよく学校行事も充実

学生会長 2年生 島袋 喜行
浦添高等学校 出身

那覇看護専門学校は、学生と教員の仲がよく学校行事も充実しています。 学習面では、講義と実習が連動した授業内容になっており、校内実習ではティーチングアシスタント(TA)として、臨床現場で活躍している看護師より指導を受けています。 臨床に近い環境で学習でき、設備も整っています。 クラスは、現役から社会人まで幅広い学生がいるので、お互い協力し合い楽しい学校生活を送ることができます。 通学の面では、高速道路を活用できます。また、校舎の隣りに無料の駐車場があります。 有意義に、学校生活を過ごしましょう。

学びであふれた学校生活

3年生 平良 美南
那覇高等学校 出身

入学してからの日々は学びであふれていて充実した学校生活を送っています。講義では、自身の知識が深まるだけでなく、グループワークを通してお互いに学び合う力が付きました。 臨地実習では、実際に対象者や医療従事者と関わっていく中で、自分の課題が明確になり、大きく成長できる場だと感じています。また、臨床の看護師(ティーチングアシスタント)から知識・技術を学ぶことで向上心が高まります。 教員も一人ひとりに親身になって関わってくださるので、安心して学ぶことができ心強いです。

進路を看護師としたきっかけ

2年生 宮島 裕之介
北中城高等学校 出身

私が看護師を目指したのは、祖父の入院がきっかけです。その時の担当看護師の姿を見て、患者の心に寄り添い頼られる看護師になりたいと思い、那覇看護専門学校に進学しました。那覇看護専門学校では、先生方のサポートも厚く切磋琢磨できる仲間もいます。皆さんも一緒に学びましょう。

社会人からのスタート

2年生 冨里 有未
知念高等学校 出身

入学当初は学費や勉強面、3年間過ごせるかなど心配していましたが、先生方や同じ目標をもった同期生たちと支え合ってあっという間に1年が経ちました。 最初は不安に感じるかと思いますが、一歩前に進みましょう。

学生生活の楽しい時間

2年生 神谷 実希
知念高等学校 出身

私が学校生活で楽しい時間はランチタイムです。友達とワイワイおしゃべりをしたり、看護について話したりしています。年代の違うクラスメイトと話すことで貴重な話が聞くことができ、知識も増えます。 放課後は定期テストに向け、皆で勉強を教え合ったりするのも楽しいです。

一般入試のアドバイス

2年生 東恩納 朱杏
首里高等学校 出身

私は一般入試の過去問題集を繰り返し解くことで対策する事をお勧めします。 また、苦手な分野を復習することや、問題文でわからない単語などがあれば調べる習慣をつけていました。諦めず最善を尽くして頑張ってください。

那覇看を選んだ理由

2年生 佐次田 香帆
コザ高等学校 出身

私が那覇看護専門学校を選んだ理由は、雰囲気が明るく楽しそうだったからです。オープンキャンパスに来た時に、先輩方の表情がとても明るく、とても楽しそうに運営していたのを覚えています。実際に入学しても、学校は毎日楽しく、充実した日々を送ることが出来ています。

推薦入試のアドバイス

2年生 仲地 陸
糸満高等学校 出身

推薦入試対策として、私が行ったことは、小論文と面接の練習です。 小論文は高校の講座を受けることで、文章の構成を練習でき自信がつきました。  また、同じ目標を持つ仲間と共に、学校の放課後を利用し、先生の協力を得て面接の練習に取り組みました。

遠方からの通学

2年生 友寄 海
普天間高等学校 出身

私は沖縄市から学校へ通っています。最初の頃は慣れない距離で不安がありましたが、高速道路を利用すると意外と時間はかからないですし、他にも何名かいるので、実習中なども乗り合わせしながら通ったりしていて心強いです。また、友だちの幅も広がります。

卒業生メッセージ

感謝の言葉を頂けたときは、やりがいを感じます。

3期生 新垣 里奈
(知念高等学校出身)
社会医療法人友愛会
豊見城中央病院 外科・脳神経外科棟

那覇看護専門学校では、基礎的知識に加え、臨床現場で活躍している看護師がティーチングアシスタント(TA)として校内実習にて指導を行っています。そのことにより、臨床に近い看護技術や観察力、判断力を身に付けることができました。課題や実習に追われ苦しい時もありましたが、先生方や仲間達のサポートがあり、充実した学校生活を送ることが出来ました。 現在私は、外科・脳神経外科病棟で勤務しています。慌ただし業務の中で、対象者が回復していく姿を見られた時や感謝の言葉を頂けたときは、やりがいを感じます。また、卒業して5年が経ちますが、今年ティーチングアシスタントとして後輩たちを指導する機会も頂くことが出来ました。 これから看護師を目指す皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

妊産褥婦の笑顔を見れた時、やりがいを感じます。

7期生 石川 瑞姫
(普天間高等学校出身)
医療法人がじまるの会
糸数病院 産科病棟

幼いころからの夢だった“ 看護師“を目指して、私は那覇看護専門学校に入学しました。 常に実践の場を意識したカリキュラムや、看護とは何か、対象者の為に何ができるのかと自身へ問う中で、たくさんの人に支えられ、人としても大きく成長できた3 年間でした。 現在、私は産科病棟に勤務しています。ケアの一つ一つが命と直結している事を知り、実際に新しい命に出逢えた時、苦しみを乗り越えた妊産褥婦の笑顔を見れた時、とてもやりがいを感じます。 那覇看護専門学校で共に学ぶ素敵な仲間と出会い、充実した学校生活が送れることを願っています。

2020年度 募集要項

課程名 看護師3年課程
学科名 看護学科
修業年限 3年
募集人員 120名

出願期間

推薦入学試験 2019年9月9日(月)~2019年9月25日(水)
一般入学試験 前期 2019年10月21日(月)~2019年11月6日(水)
後期 2020年1月6日(月)~2020年1月22日(水)
出願受付時間
月~金曜日8:30~17:00(祝日を除く)
出願受付方法
本校へ直接提出するか郵送にて受付しております。
受験料
¥15,000
  1. 郵送の場合は、同封の受験票送付用封筒に住所・氏名を記入の上、392円切手を貼付後、封をせず出願書類と同時に提出して下さい。
  2. 試験日の3日前までに受験票が届かない場合、本校入試係(098-850-8050)までご連絡ください。

試験日

推薦入学試験 2019年10月5日(土)
一般入学試験 前期 2019年11月16日(土)
後期 2020年2月1日(土)
試験会場
那覇市医師会那覇看護専門学校
  1. 試験当日は試験に関する諸注意がありますので、オリエンテーションの開始時刻までに試験会場に入室して下さい。
  2. 試験当日は受験票、HBの鉛筆(シャープペンシルは不可)、消しゴムを持参して下さい。
  3. 試験会場では、監督及び係員の指示に従って下さい。
  4. 受験票の裏面に記載されている留意事項を確認して下さい。
  5. 各自、昼食を準備して下さい。

合格発表

推薦入学試験 2019年10月18日(金)
一般入学試験 前期 2019年11月22日(金)
後期 2020年2月7日(金)
  1. 午前10時に本校玄関へ掲示及びホームページに掲載します。(ホームページアドレス http://www.nma-nahakango.ac.jp/)
  2. 合格者は、受験票を提示し、本校入試係で合格通知書及び入学手続書類を受け取ってください。当日、16 時までに受け取ることができない合格者については、郵送で通知します。
  3. 電話による問い合わせには一切応じません。

入学手続き期間

推薦入学試験 2019年10月21日(月)~2019年11月1日(金)
一般入学試験 前期 2019年11月25日(月)~2019年12月6日(金)
後期 2020年2月10日(月)~2020年2月14日(金)

※郵送は最終日消印有効

受付時間
月~金曜日8:30~17:00(祝日を除く)
手続き方法
本校へ直接提出するか郵送にて受付しております。
  1. 合格者は、入学に必要な関係書類及び学納金について、所定の期間内に手続きを完了して下さい。
  2. 入学年次の入学金(300,000円)は、入学手続き期間内に、授業料等(375,000円)は2020年3月13日までに納入して下さい。
  3. 期日までに手続きを完了しない場合は、入学する意思がないものとして入学を取り消します。
  4. 提出書類  ①誓約書 1通(保証人2名が必要です。)
          ②振込金受取書(学校提出用)
    ※卒業見込証明書を提出した合格者は2020年3月18日までに卒業証明書又は、卒業証書の写し(A4版)1通を提出して下さい。

募集人数

2020年度 募集要項

■ 看護学科

データ様式

(印刷する際は必ず両面印刷を行ってください。)

学費

1年次 納入時期
学納金
入学手続時
(前期)
9月
(後期)
入学金 300,000 300,000
授業料 250,000 250,000 500,000
実験実習費 75,000 75,000 150,000
施設費 50,000 50,000 100,000
675,000 375,000 1,050,000
2・3年次 納入時期
学納金
3月
(前期)
9月
(後期)
授業料 250,000 250,000 500,000
実験実習費 75,000 75,000 150,000
施設費 50,000 50,000 100,000
375,000 375,000 750,000
合計 2,550,000
  1. 学納金については1年分一括納入することも出来ます。
  2. 学納金の現金納入は出来ません。必ず振り込みでお願いします。
  3. 2020年3月31日までに入学辞退を申し出た方は、入学金を除き授業料等は返還します。

諸経費

種目 1年次 2年次 3年次 種目別合計
教科書代 120,000 51,500 20,000 191,500
ユニフォーム・靴代・式服 33,000 12,000 45,000
血圧計・聴診器・手袋・体温計 19,000 19,000
国家試験対策費(ゼミ) 5,000 5,000 10,000
学生会費 500 500 500 1,500
後援会費 30,000 30,000
同窓会費 3,000 3,000
各年別合計 207,500 52,000 40,500 300,000

※多少変動することがございます。

奨学金

独立行政法人 日本学生支援機構の奨学金について

◇奨学金種類・募集時期・貸与月額◇
第一種
募集時期
予約採用 高校時
定期採用 4月
利息
無利息
貸与月額
自宅通学  最高月額 53,000円
      20,000円~40,000円
自宅外通学 最高月額 60,000円
      20,000円~50,000円
      1万円単位で選択できます。
採用基準
学力:<1年次>
①高校の成績の平均が3.2以上であること
②高等学校卒業程度認定試験合格者であること

家計:日本学生支援機構の定める基準
第二種
募集時期
予約採用 高校時
定期採用 4月
利息
有利息
貸与月額
20,000円~120,000円
1万円単位で選択できます。
採用基準
学力:
①成績が平均水準以上と認められる者
②特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる者
③学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
④高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認めれらる者

家計:日本学生支援機構の定める基準
入学時特別増額貸与奨学金(一時金)
募集時期
予約採用 高校時
定期採用 4月
利息
有利息
貸与月額
100,000円~500,000円
10万円単位で選択ができます。
採用基準
学力:併せて貸与を受ける奨学金の基準が適用されます。
(第一種、第二種、併用)

家計:認定所得金額が0万円以下であること
共通
予約採用
高校在学中に申し込みがあります。
定期採用
4月(入学式後)に学校にて説明会を開催し奨学生の募集を行ないます。
緊急採用・応急採用
主たる家計支持者(父・母、またはこれに代わって家計を支えているもの)の失業、破産、事故、病気、若しくは死亡等又は火災、風水害等の災害時により家計が急変し、奨学金を緊急に必要とする場合は、随時奨学生の募集を行なっていますので、奨学金担当窓口に相談してください。
※緊急採用は第一種奨学金(無利子)、応急採用は第二種奨学金(有利子)です。
◇選考基準◇

学力、人物、家計での基準にて選考します。

◇貸与期間◇

在学中貸与されます。(年一適格審査有り)

沖縄県看護師等修学資金について

◇対象者◇
  1. 看護職員(保健師、助産師、看護師、准看護師)を養成する大学、学校及び養成所に在学する者及び大学院の修士課程において看護に関する専門知識を修得しようとする者
  2. 卒業後、直ちに沖縄県内の看護職員の確保が困難な施設(免除対象施設)において一定期間、看護職員として業務に従事しようとする者
  3. 県外での就業が条件となっている奨学金等を受給していない者
    ※申し込みには、連帯保証人(沖縄県に住所を有し、独立した生計を営む身元確実な成年者)が2人必要です。
◇修学資金の金額◇
看護学科
第一種修学資金 月額 ¥36,000
第二種修学資金 年額 ¥700,000

※第二種修学資金は、別途経済的負担を証する書類が必要です。
(非課税世帯の場合:所得証明書、生活保護を受給している場合:受給証明書、障害者のいる世帯の場合:障害者手帳の写し等)

◇貸与期間◇

4月~翌年3月までの1年間 貸与希望者は毎年の申請が必要

◇返還責務の免除要件◇

卒業後、1年以内に免許を取得(登録)し、所定の施設で以下の期間を従事した場合

  • 第一種修学資金:貸与年数の2倍の期間(上限5年)
  • 第二種修学資金:貸与年数の3倍の期間(上限10年)
  • 第一種・第二種併用:それぞれの従事期間の合算(上限10年)

教育訓練給付金制度

給付額

教育訓練給付制度とは

働く方の能力開発の取組み又はキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部を「教育訓練給付金」として支給されるものです。

また、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合に訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。

教育訓練給付制度の詳細

支給対象者

受講開始日現在に雇用保険の被保険者期間が3年以上であること(初めて教育給付金を受講する方は2年以上)

詳しくは最寄りのハローワークにてご確認ください。

◇給付額◇

給付額

教育訓練給付金
在学中
教育訓練経費の50% 合計¥1,125,000
受講開始日から6か月ごとに支給を受けることができます。
卒業後
教育訓練経費の20% 合計¥450,000
看護師の資格を取得し1年以内に一般被保険者として雇用された場合に追加支給されます。
支給内訳
申請日 1期(9月) 2期(3月) 3期(9月) 4期(3月) 5期(9月) 6期(3月) 合計
1年生 2年生 3年生
在学中 625,000×50% 325,000×50% 325,000×50% 325,000×50% 325,000×50% 325,000×50% 1,125,000
=312,500 =162,500 =162,500 =162,500 =162,500 =162,500
卒業後 625,000×20% 325,000×20% 325,000×20% 325,000×20% 325,000×20% 325,000×20% 450,000
=125,000  =65,000 =65,000 =65,000 =65,000 =65,000
(受講費=入学金、授業料、実験実習費である。 ) ※施設費は対象外     1,575,000
教育訓練支援給付金

2カ月毎に雇用保険の基本手当の日額80%に相当する額が支給されます。

支給例(2ヵ月毎に支給)

20代 3年勤務の場合

支給日額 ¥3,666 × 日数 61日=¥223,626

※1ヶ月当たり ¥111,813

職業実践専門課程

職業実践専門課程